インドエステと普通のエステの違い

インドエステとは

インドエステとは、インド伝承医学のアーユルヴェーダを基礎としているエステのことです。また、アーユルヴェーダとは、リンパ腺、血液循環、筋肉といった身体へ働きかけると同時に、心にくつろぎを与え、精神にも働きかけるマッサージのことなのです。

 

しかし、日本では、インドエステとは、額にオイルを垂らすマッサージというイメージがもたれているようですが、インドエステとは、独自のハンドマッサージが最大の魅力となっているエステなのです。

 

インドエステは、独自のハンドマッサージにより、体内に溜まった老廃物や脂肪を揉みほぐし、体外へ排出させることで、代謝をアップさせ、健康的な身体に導いてくれるエステです。
また、日本で人気となっている理由には、即効性が高いこともあるようです。

インドエステの効果

インドエステは、即効性とリラックス効果が高いことから、日本でも人気が高くなっているエステです。
さらに、インドエステは、体内に溜まった老廃物を排出して、むくみや冷えなどを解消することができるので、現代女性が抱える多くの悩みを解消してくれるのです。

 

また、インドエステは、アーユルヴェーダを基礎としたハンドマッサージが魅力となっているので、体内にたまった老廃物を丁寧に揉みほぐし、さらに分解して、体外への排出を促進してくれます。

 

そして、その結果、老廃物がたまりにくい身体になり、さらに代謝がアップして、リバウンドしにくい身体にしてくれるという効果があるのです。

 

つまり、インドエステは、デトックス効果が高く、即効性があるので、サイズダウンしたい人はもちろんのこと、冷え性などの体質改善や、リラックスしたいという人にとっても、おすすめのエステなのです。

インドエステと普通のエステの違い

インドエステと普通のエステでは、同じようですが少し異なっています。

 

普通のエステでは、ハンドマッサージとマシーンの組み合わせでケアをしてくれます。しかし、本格的なインドエステでは、すべてのケアがハンドマッサージ、つまり人の手によって行なわれるのです。

 

しかし、エステサロンの中には、インドエステを行なっているサロンもあるようです。


インドエステと普通のエステの違い

エステの口コミ調査しました。実際におすすめのサロンは?